無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30








「Pさん!」
Pさん「はぁい?」
「夜ご飯何がいいかなぁ」
Pさん「ん〜なにがいいかな 笑」
「いっしょにピザ作らない?」
Pさん「特製ピザ?!いいじゃぁーん!」
「じゃあ買い物行ってくるねー」
Pさん「一緒に行くよ〜」
「ありがとう!んじゃ、一緒に行こ!」





















「チーズ乗っけよう?」
Pさん「チーズかあ、美味そうだね〜」
「トマトソースとかいるかな?」
Pさん「今日トミーパスタも食べたいって」
「お、じゃあカルボナーラ作る?」
Pさん「そーしよっか!」
























トミー「おかえり〜」
「たーいま!」
カンタ「外暑かったでしょ お疲れ様ね」
Pさん「はい お茶!」
「ありがとう〜!」


早速ピザの生地作りに入る 。




トミー「サブちゃん撮らね?」
「あたし写ってるけど大丈夫?」
トミー「大丈夫っしょ!」
カンタ「じゃあ回すよ〜」




















カンタ「今ねピザ作ってます」
トミー「俺の妹的なやつが遊びに来てるから作ってもらってる〜」
「あたし妹なの?」
トミー「的な〜?」
「あ、的なね 笑」
















カンタ「トッピングは俺に任せて!」
「え〜?心配だなあ」
カンタ「それってどーゆー意味?!」
「うそうそ、任せるよー」



















「もう焼いちゃって これお昼にしよっか」
トミー「そーする?」
Pさん「夜パスタあるけど〜」
カンタ「じゃあそうするかぁ!」


焼き上がるのを待つ 。
カメラは止める




トミー「恋バナってやつでもしよーぜ?w」
カンタ「トミー…どうしたんだよ、怖いぞw」
「とみくん分かってるね〜」
Pさん「女子は恋バナが定番なんだよね〜」

「まぁ学校ではなんもないけどね てか行ってないしw」
カンタ「え、高校が1番楽しいぞぉ?」
カンタ「大して俺も恋愛してないけどw」
トミー「俺は怖がられてたもんなあ」
Pさん「俺は普通よww」
「今はやっぱりみっくんがいるし 楽しいかな」
「エイジくんもそらもりっくんも 頼りになる!」
トミー「それもいいけど…年齢的に」
「今年で17だから大丈夫だよ!」
カンタ「そっか〜まだ16だもんね 若いっていいね」
Pさん「お肌ぴっちぴちだもん」

Pさんがほっぺたをつんつんしてくる
「やめてよ〜ww」










この後は
とみくんの黒歴史とか
カンタくんの中学時代の闇、
Pさんの歴代彼女 を聞かされました 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る