無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10

?「てかそれ誰なのー?」
ツリメ「あなただよーん」
?「あなた?そんな人いたっけ」
?「かわいいね 気に入ったー」
「えっと、かわいい…??え、かわいい?…」
?「ふふっ、困惑してるー!」
ツリメ「お前にはやんねーぞ!」
?「お前のじゃねーよ!っ…頭いてぇ〜」
「そらさん 大丈夫ですか、?」
そら「なんで俺の名前しってんのー、」
「ツリメくんから教えてもらいました」
そら「あー 呼び捨てでいいよ」
「そら…?」

なんか呼び捨てって嬉しい、

ツリメくんに喜びを分かち合おう!


「ツリメくん!そらが呼び捨てでいいよ だって、」
「なんか嬉しいな〜!!」

ニコニコしながら ツリメくんを見ると

ツリメくんはそらの方を見てた
ツリメ「…距離縮めやがって、!」
そら「なんでー?俺睨まれてんだけどw」
そら「リクヲ助けろー!」
リクヲ「俺巻き込まれたくねぇよーだ!」
ツリメ「あなた 俺の部屋来てー」

ツリメくんは私から離れると先に部屋へ行った









「……私なんかしちゃったんですかね、」


近くにいたエイジくんに話しかける
エイジ「大丈夫だよ たぶんヤキモチやいてるんだよ」
エイジ「みっくん嫉妬深いから 笑」
「あのっ、叩かれたりしませんか…?」
エイジ「叩く?!…んな事しないでしょ、」
「ならいいんですけど…」
エイジ「んまぁ、なんかあったら叫んで?」
エイジ「助けに行ったげるから ほら行ってらっしゃい」
「ありがとうございます!」










ツリメくんの部屋に行く

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る