無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2




「ん…」


見たことの無い 景色

緑色のソファーに寝かされていた


?「お、おきたよ…えーちゃん」
?「ほんとだ」
「手が…」
?「ほら 解いてあげなよー 可哀想」


相手の顔は見えない


少し赤い髪の毛が見えてる人が私の近くへ来る


?「手はいいけど足はダメよー」

手の縄を解いてくれた



?「ちょっと!誰トイレ流してないの!」
?「俺だっ、恥ずかしっ///」
?「汚ねぇ はやく流してこいよw」


騒がしい人だなぁと ずっと眺めていた


?「こいつ邪魔だから 誰かの部屋に置いといて」
?「何その言い方酷い〜 まぁ、君俺の部屋おいで」

黄色の全身タイツを着た人について行こうとするが

足の縄で歩けない私は 立ち止まる


?「あ、そっか 歩けないね」
?「俺が運んでやるよー」


赤毛の人にお姫様抱っこ とやらをされて

黄色のタイツの人の部屋に行く

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る