無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9



「おはようございます エイジくん!」
エイジ「おはよー」
?「おはようあなたちゃん!」
「おはようございます…」
ツリメ「これはリクヲって人」
?「あ、自己紹介してなかった!」
?「えーっと、俺はリクヲって言います」
リクヲ「呼び方はなんでもいいよー!でもよく言われるのはりっくんとかリクヲとか」
ツリメ「リクヲくんって呼んでみて」(小声)
「り、リクヲくんっ!」
リクヲ「え…くん付…///」
エイジ「童貞魂が!!」
リクヲ「それ今関係ない!!!」
ツリメ「リクヲでいいと思うよー?」
「りっくん、よろしくお願いします!」
リクヲ「うんー!」


ツリメ「あ?え?俺の意見は無視?」
「えーっと!あ、ツリメくん朝ごはん作りますよ」
ツリメ「……え!ほんと?嬉しい〜♡」
「なんか食料ありますかねー?」
ツリメ「ご飯は冷凍してあるー」
エイジ「冷蔵庫漁っちゃっていいよー」
「ありがとうございまーす!」
「あ、ツリメくん 座ってていいですよ!」
ツリメ「ううん 俺も手伝う」
ツリメ「えいちゃんとりっくんも食べる?」
エイジ「俺もう食べちゃったー」
リクヲ「食べたいな〜!」
ツリメ「おっけー」
「ツリメくんとりっくんと私のでいいですか?」
ツリメ「うんいいよ!」
ツリメ「えーちゃん そらは?」
エイジ「二日酔い」
ツリメ「呑みすぎだなーそらは!」












ご飯も食べ終わって

ソファーで トークタイム 。
















ガチャ

?「んぅ…おはょ」
リクヲ「大丈夫なのー?」
?「今はなんとか」
「これがそらさん?」(小声)
ツリメ「そそ 油断してると襲われちゃうぞー」(小声)
「私の事襲う人なんていませんよ笑笑」(小声)
ツリメ「昨日 襲われかけてたでしょ」
「ツリメくんにもエイジくんにもそらさんにも倒されました」
ツリメ「えいちゃんはもうアウトだよね」
「まぁ、キスだけだし大丈夫ですよ」
ツリメ「え、キスより上のしたことあるの?」
「…まぁ人並みに」
ツリメ「え…なんかショックー!!」
「まぁ、大体みんなそうですよー」
リクヲ「…ちょっと今のグサってきた」
エイジ「童貞魂が!!」
リクヲ「うるせー!!!きぃぃぃぃぃ!!」
 
りっくん︎︎︎︎︎がエイジくんに襲いかかって
とてつもなく激しいバトルが始まった…

と思いきや、
リクヲ「すみませんでした、!!」
エイジ「分かればよろしい。」


秒で飛ばされてて りっくんが土下座してた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る