無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21

【🔞な発言入りまーす】

























そら「ジャンケンで負けた人にする?」
エイジ「そーしよ!」
「「「「さいしょは ぶんぶん じゃんけん」」」」
「「「「「ぽん!」」」」」
「✊」 エ「✋」 ツ「✊」 そ「✋」 リ「✋」
「んぁぁ!負けたあ!」
ツリメ「あなた可哀想だから俺がうける!」
「えっ、みっくんいいの?」
ツリメ「うん〜!」
「すきぃ!!!」
エイジ「はいはい、終わり」
そら「何にする?」
エイジ「好きな体位〜笑」
リクヲ「じゃあ、そーしよ!好きな体位」
ツリメ「バック、とか?///」
そら「ちな、あなたとやった時は?」
ツリメ「…せ、正常位 !!」
エイジ「どーだった?あなたの声」
ツリメ「名前呼ばれた時とかもう、ばか興奮した」
「…もうっ!恥ずいじゃん!」
リクヲ「いーねぇ、、」
エイジ「童貞魂が!!」
リクヲ「うぅっ……」



「はいじゃあ、次行こう?」
「「「「「最初はぶんぶんじゃんけん」」」」」
「「「「「ぽん!」」」」」

「✌」 エ「✌」 リ「✊」 ツ「✋」 そ 「✊」
「「「「あいこでぽいっ!」」」」
「✋」 ツエリそ「✌」


「負けたぁ……!!」
エイジ「あなたじゃんけん弱い〜w」
「はい、もう早くしてっ!!」
ツリメ「俺が普通に気になるの言っていい?」
リクヲ「いーよ?」
ツリメ「これまでした回数は何回か!」
「経験人数ってこと?」
ツリメ「そーゆーこと」
「うっわぁ…地味にやだ」
そら「え、みっくんが初めてじゃないの?」
「そーゆーことにしといていい?」
エイジ「だめよ?ちゃんと暴露しなきゃ」
「…じゅう…ぃち」
リクヲ「え?声がちっさい!」
「11だよ!!!///」
エイジ「えぇ、てか今何歳なの?」
「16だよ」
リクヲ「み、未成年!??」
そら「わんちゃん俺ら捕まるなw」
ツリメ「そんなにヤったの?…悲しい」

みっくんに抱きしめられる

「でも好きでやったわけじゃ…」
ツリメ「俺以外とやっちゃダメだよ?」
「大丈夫だよ?笑 まぁ、危なかった時はあるけどね〜」

そらのほうをわざと見る
そら「(しー!黙っててお願いっ!)」
エイジ「16歳に越された22歳ww」
リクヲ「おぉい!wやめとけ?w」
ツリメ「あなた俺と付き合ってよ」
「「「えぇぇぇ?!」」」
「い、いま?笑」
エイジ「やんじゃんみっくん」
ツリメ「俺と付き合ってください、!!」
「…うん、お願いします?」
リクヲ「ふぉー!!!!」
エイジ「今の告白はみっくんっぽくていい!」
ツリメ「これからはやり放題だ!」
「んっ…!」



みんながいるのにキスを堂々とするみっくん。





「っはぁ! …もう!みんないるよ?」
ツリメ「付き合った記念だ!」
「…勘弁してよ〜笑」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る