無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

19
コンコン 


「そら?、入っていい?」
そら「来ないでいい」
「話したいから入る」
そら「っ…好きにして」







女の子らしい部屋の ベットに

そらは寝転んでる

あたしは そのベットの角ら辺座る 。
「そら、あのさ…? っ…え?」





そら「お願いあなた 忘れたい…」

私をベットに優しく倒して
潤った目で 訴えるように見る

「何があったの?」
そら「大切なヤツに振られた…」
「女の子?」
そら「うん。」



大切な女の子がいたにも関わらず、

私にあんなことを言ってたのか、男って恐ろしい。



「なんで振られちゃったの?」
そら「…っ俺の女遊びが激しいって」
そら「そんなに遊んでないのに!」
「それでイライラしてて さっきあんなに?」
そら「炎上自体はそんなの気にしてなかったけど」
そら「振られたのがだいぶキツくて…」
「そっか、それはちゃんとみっくんに言った方がいいね 3人ともすごい驚いてたから」
そら「俺だって…っ」


私の頬に そらの涙が垂れる


「大丈夫…泣かないで?」
「私に忘れさせることは出来ないよ」
そら「1回でもいい、お願い 紛らわしたい」


そう言えば今日の朝帰ってきてたな、

昨日の夜…ってこと?


「昨日の夜振られたの?」
そら「夜ヤった。 朝帰ってきて 振られた」
「相談ならいくらでも乗るから、体は貸せない」
そら「ごめん 変な事言っちゃって」
「落ち着いたらリビング行こう それまでそばにいる!」
そら「ありがとうっ!!!」


ぎゅっと力強く抱きしめられて

泣き始めるそら


「いっぱい泣いちゃえ」



そらも そらなりに 辛いことがあったんだ 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る