無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6

ツリメ「そろそろリビング行くー?」
「いいんですかねー…邪魔って言われそう」
ツリメ「大丈夫だよ、俺が言い返してやる!」
ツリメ「れっつごー!!」


勢いよく手を上げて 1人で盛り上がってる


「えいちゃんって人怖くないですか?」
ツリメ「優しいよ!怒らせなければ」
「怒らせなければ…か」



ツリメくんの服を少しつまんで

後ろからついて行く


ツリメ「はい!もう着いちゃった 怖くないでしょ?」
「うん…そうですね」
「めっちゃ見てきますけど……」(小声)
 1人だけ全身タイツを着てない

オシャレな服装の人が こっちを睨んでくる


?「おぉい…その女誰だよ…!」


ふらふらな状態でこっちに来る

ツリメ「ちょ、そらくさーい!酒飲んできたの?」
?「うっせぇ!うっせぇ!」
ツリメ「もーあなたに近寄んないで!」
「…ひっ、」
?「可愛い顔してんじゃん、襲いたくなる」

頬に手を添えられて 顔がすごく近い状態 。


ツリメ「終わり! そらは早く風呂入って寝て!」
?「ちぇ、またね〜」

?「りっくぅーん、!!……」



ふらふらと下足取りで リビングから出ていく



ツリメ「怖かったね ごめん!」
「いや、大丈夫ですよ 、!!」


本当は怖かったけど ツリメくんに心配させれない!!










ツリメ「あ、えーちゃん そーいえばさ」
?「んぁ」
ツリメ「そらも仮面してなかった」
?「そらは酔い回ってるしいいんじゃね」
ツリメ「もう仮面なんていらなくない?」
?「んーまぁ、みっくんバレてるしね」
?「あ!いつの間に縄解いてんの!」
「すみません…っ」
?「え、やっ…あの そ、その…怒ってないよ?」
ツリメ「怖くないってー!ww」
ツリメ「えいちゃんのこと怖がってるからww」
?「えぇ?w 怖くないよ?」
「……」
?「え、逆に俺が心配になってきた」
「い、いや…さっき怒ってたから怖いなって」
?「メンバーだけだよー!!怒らないよ君には」
?「あ、俺えいじ」
エイジ「えいちゃんとかエイジとかなんでもいいよ」
「エイジくんで」
エイジ「あ、了解」




エイジくんも仮面を外して ニコッと笑ってくれた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る