無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
?「名前は?」
「あなたです」
?「あなたちゃんねりょうかーい」
「あなたで大丈夫ですよ!」
?「あ、わかったー!!」


こんなに楽しく会話したことはいつぶりだろうか

黄色の人の優しさにどこか惹かれていく 。


「えっと、あなたの名前聞いてもいいですか?」
?「お、おれ?俺はーツリメ」
「ツリメくん?」
ツリメ「うんっ!」
「ツリメくんは何歳?」
ツリメ「22〜」

(まだ22の設定です)


「私まだ16なんですよね」
ツリメ「…えぇぇぇええええ、?!」
ツリメ「未成年連れてきちゃった…よ、」
「大丈夫ですよ たぶん」
ツリメ「たぶんかぁー…」
?「どうした?大声出して」


赤毛の人がドアを少し開け顔を出す
ツリメ「あっ、…」
?「ちょ、来い」
ツリメ「待っててねあなた」
「はい、」








ドアの向こうから聞こえる声は








?「なんで外してんの!」
ツリメ「ごめんなさぁい…」
?「もう、ほんとばかー」
?「どうせみんなに内緒にしててよ?とかいって見せたんでしょ」
ツリメ「ごめんってー、」
ツリメ「まぁあなたいい子そうだし大丈夫だよ!」
?「そーゆー問題じゃないでしょ?」

















赤毛の人に怒られてる様子のツリメくん 。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る