無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20
そら「よし、みっくんに訳はなしに行く」
「うん、行こっ」


そらの手を掴み、 一緒にリビングに行く


「みっくん、そらが話したいことあるって」
ツリメ「…あ、うん?」
そら「…さっきはごめん 強く言いすぎた」
そら「別に俺に問題が起きて それと炎上の件でごっちゃになって、カッとなっちゃった。」
ツリメ「そらは悪くないよ 俺が悪いんだもん」
ツリメ「俺から社長に言いに行く」
そら「リーダーとしてほっとけねぇよ」
そら「もちろんあなたも連れてって 5人で協力だ!」
ツリメ「ありがとう…っ!!」
そら「おう!!」
エイジ「そらの持ってる別の件ってなんなの?」
そら「えーっと、ね それは言えない」
エイジ「隠し事なしだろ?」
リクヲ「否定もなんもしないから 言ってよ!」
「言ってみればいいんじゃないかな?」
そら「うーん…」








































エイジ「だと思った お前首にキスマついてたし」
そら「えっ、嘘!」
エイジ「いつだっけな、朝帰りの日」
エイジ「2個もついてたよ笑笑」
そら「感がいいな!笑」
ツリメ「そら彼女いたんだ〜」
そら「まぁ、彼女ってかセフレってか」
リクヲ「セフレとかえっちだわ」
「セフレって何?」
ツリメ「知らないなら知らなくていい!」
「なんでよー!」
エイジ「あなたには純粋のままでいて欲しいんだろ」
「襲ってきたくせに!」
ツリメ「しー!それは言わないの!」
そら「みっくんも結構 攻めるね〜」
ツリメ「俺MかSかだったらSだもん」
「そんな可愛い顔してSは萌える」
ツリメ「へへ〜 ニヤ」
エイジ「今から暴露トークしよ?」
そら「いーじゃん、楽しそう!w」
ツリメ「えいちゃん怖すぎ〜」
リクヲ「あなたには手加減してあげてよ?」
エイジ「さぁね〜 ニヤ」
「お願いねっ?」
エイジ「あなたからのお願いなら聞いてあげる〜」
「いぇーい!ありがとう!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る