無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18
エイジ「やばいやばい!!集合!」



エイジくんのその声でみんなが集合する。



「どうしました?」
エイジ「見てこれ炎上確定だ!」
リクヲ「うわっ、」
エイジ「ツリメは?なんで居ないの?」
「寝てます、」
エイジ「ごめん起こしてきてくれる?」
「はい、了解です」










「みっくん、起きて!集合かかってるよ」
ツリメ「んぅ、起きたくない…」
「炎上確定って言ってた」
ツリメ「え、?」


今の言葉で目が覚めたのか 起き上がる


「連れてきました」
エイジ「ありがとねー」
そら「で、この件はどーするつもり?みっくん。」



その写真は、私とみっくんが祭りで
恋人繋ぎしてる様子が写ってて 、


ツリメ「…うん やっぱこうなると思ったよ」
「私も一応心配したんだけど、ね」
そら「なにやってくれてんの?炎上なんて面倒なこと」
「ごめんなさい、私が悪いんだよね」
ツリメ「あなたは悪くない あなたの責任でもないよ」
そら「もう大人だし前とは違うんだって。 考えて行動してよ…!!」
リクヲ「そんなカッとなんなくてもいいじゃん?」
エイジ「そーだよ みっくんはそれ覚悟でやったんでしょ?」
ツリメ「まぁ、うん。 あなたに言われたし」
エイジ「そーゆーこともある!みんなで助け合おう?」
そら「付き合ってらんねぇな 」
「そら…」
リクヲ「今日は解散しよう 動画もなし」
ツリメ「ごめんねみんな 迷惑かけちゃって、」
そら「あーもう、イライラするっ、」





そらは立ち上がって 自分の部屋に戻った。










エイジ「いつもはあんなんじゃないのにね」
ツリメ「今回は相当怒ってるのかな」
「あたしが来たのが間違いだったね」
リクヲ「そんなことないよ!あなたは居ていいと思う」
「あたしそらに謝ってくる。」
ツリメ「俺も行く」
「ひとりがいい 」
ツリメ「…そ、わかった。」













エイジ「気をつけてね 下手したらあいつ手出すかも」
「…大丈夫です 慣れてたんで!」
エイジ「え?どーゆこと?」
「それはまた今度」
エイジ「…なんかあったらすぐに言って!」
「はい!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る