無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
ツリメ「いってきまーす!」
「行ってきます〜!」
エイジ「気をつけてよー!」
そら「なんかあったら連絡ね!みっくん!」
リクヲ「そーだよ!それは約束だからね!」
ツリメ「知ってるよ〜 じゃあねー」













































「これってさ〜?デート…?」
ツリメ「うん!浴衣デート♡」
「みっくんって有名人なんだよね?」
ツリメ「うーん?自分でいっちゃなんだけどね笑」
「すごい視線だもん」
ツリメ「まぁ〜いいのいいの!」
「大丈夫かな?ネットとか載せられない?」
ツリメ「載せられるけど気にしないよ」
「分かった!楽しむっ!」



この後あんなことになるなんて私達は知らなかった。










「あぁ〜!わたあめだぁっ」
ツリメ「食べる?」
「えぇっ!いいの!?」
ツリメ「うん!欲しいものあったら買ったげる」
「やったぁ〜♡ 大好きみっくん!」
ツリメ「俺も〜♡」





財布代わりなんかにしてないよ?


私はほんとにみっくんがすきなんだから !!














「んふぅ〜 っおいひい!」
ツリメ「あーんして!」
「みっくん、あーん!」
ツリメ「あぁーん!」


ツリメ「おいひいねぇ!」
「うん!!」








ツリメ「あなた〜見て!」
「ドラえもんだー!」
ツリメ「僕、つりえもん〜」
「つりえもーん!」
ツリメ「願い事叶えてあげるよ〜」
「えーっと、じゃあ…手を繋ぎたい!」
ツリメ「そんなの簡単さぁ〜」
手を差し伸べてくれて、

私は手を重ねる
ツリメ「これでどうだぁ〜」


指を絡み合わせて(?)

恋人繋ぎにしたみっくん



「満足です!なんかちょっと照れちゃうけど//」
「あたしもあなたえもんになりたい!」
ツリメ「お揃いの買おっか〜」
「いいよ、そんなにお金使わせたくないし!」
ツリメ「俺がしたいだけだからあなたは気にしないで?」
「…うん、ありがとう!」
ツリメ「あなたはドラミちゃんにする?」
「うーん、あたしのび太くんがいい!」
ツリメ「まさかの、のび太くん」
「のびのびしてるから可愛いもん!」
ツリメ「まぁ、のび  のび太だしね」
「うんっ!」













その後も祭りを満喫して 、 家に帰りました 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る