無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

31


((次の日の夜までとばします
































「いいよ〜笑 送ってくれなくても」
トミー「危ないだろこんな時間に!」
「なんでよ、まだ9時!!」
「あ!そーいえばみっくんが迎えに来てくれるって」
トミー「いい 」
キイチ「いいよ! 車出すよ?」
「キイチくんごめんねー、!!」
キイチ「うん全然大丈夫だよ」
トミー「よろしくなキイチ」
キイチ「はーい」






「今から帰るね」

そうみっくんに連絡すると秒で既読がつく


ツリメ「俺が迎えに行くよん!」
「なんかキイチくんが車出してくれるって」
ツリメ「いいよ俺が迎えに行くから待ってて!」
「もう車出しちゃってるよ〜…」

LINEを送っても既読がつかなくなる 、

たぶんほんとに車で来るんだろうな…


「キイチくーん!!」
キイチ「どした?くるまの鍵忘れちゃった 笑」
「みっくんほんとに来ちゃってるみたいだから…」
キイチ「…じゃあ待っとこうか笑 あなたちゃん想いだね!!笑」
「ごめんねわざわざ下まで行かせて…」
キイチ「こんなのちょちょいのちょい!」
トミー「あれ、キイチ車どした?」
「みっくん来ちゃってるみたいだから 笑」
トミー「好きだなあ…あなたのこと」
カンタ「あなたとの時間増やしたいんだろーね笑」
「そうなのかな?? 笑笑」





ぴーんぽーん


「え、早すぎんか、笑笑」
カンタ「はーい?」
ツリメ「っ…はぁはぁ…っつり…め…でっす」
トミー「すげえ息切れ」
まんず「あ、あなたちゃん帰っちゃうの?」

階段から降りてきたまんずくん

「うん〜おじゃましましたっ」
まんず「またね〜!」


Pさんは友達と出かけてるらしいから

とみくんに伝えといてもらう





ツリメ「あっ、あなた!!!!!!」
「みっくぅぅぅぅん!」

ぎゅーって強く抱きしめられて

相変わらず苦しい けど幸せ
「久しぶりな感じするっ 」
ツリメ「寂しかった寂しかった寂しかった」
ツリメ「夜も一人で寝たんだよ?あなたがいない夜なんて耐えれないよお」
「ふふっ 私はとみくんと寝たよ〜だ」
ツリメ「…は?」
トミー「い、いや寝る場所が!なかったんだよな?な?」
「そーそー あ、やましいことはしてないし」
ツリメ「まぁ、トミーさんならいい!」
トミー「なんだそれ!」
「…笑笑  お世話になりました〜 」
カンタ「またいつでも遊びに来て!」
「うん!カンタくんまたねー!」

ぎゅーっと抱きしめる
トミー「こらこら、やめなさいよ」
「とみくんもまたねー!」

ぎゅーっと抱きしめる 背中をとんとんすると
トミー「俺は赤ん坊じゃないけど?笑」
トミー「ほらツリメがめっちゃこっち見てるから怖いぞ」
「ふふ キイチくんもまた!」
キイチ「うん 2人とも気をつけてくださいね〜」
ツリメ「はーいありがとう!」




























【ツリメside】

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る