無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13


エイジ「今日祭りあるらしーね」
そら「おー!みんなで行かね?!」
リクヲ「でも目立ちそーだよね〜」
ツリメ「俺は行けないよー」
「私行ってみたいです〜!」
そら「じゃあ俺とえいちゃんとりっくんとあなたで行く?」
「え、いいんですか!」
そら「もち!」
ツリメ「ダメだよー」
ツリメ「あなたは俺が誘おうと思ってたもん!」
そら「えー?なんで?行けないって」
ツリメ「みんなとは行けないってこと俺は二人で行くから」
「もしかして私と2人?」
ツリメ「うん!」
「いやいやいや無理」
ツリメ「…え?無理って、俺の聞き間違いかな?」
「いや、ごめん無理なの!」
ツリメ「なんでよ!」
「えっと、ドキドキして二人っきりだと…」
ツリメ「…そんなの俺もだよ!気にしないの!」
エイジ「さーて、俺はそらとりっくんと行こっかな〜」
そら「いぇーい!えいちゃんが全部奢ってくれるって!」
リクヲ「まじ!りんご飴食べちゃお!!」
エイジ「おい?そら?(殺意)」
そら「すまんすまん!えいちゃんすまん!」
ツリメ「ふふっ、早く行きたい〜!」
























リクヲ「はいこれ」
ツリメ「浴衣?」
リクヲ「あなたちゃんに着させてあげなよ!」
ツリメ「え、こんなのあったっけ?」
リクヲ「この前の撮影の時使ったやつ!」
ツリメ「おぉ!ありがとねりっくん!」
リクヲ「着付けわかんなかったら呼んで」
ツリメ「えーわかんないからあなたに着せてやって!」
リクヲ「もー!しょーがないな〜」









【リクヲside】








リクヲ「はい!できた〜」
「…すっごい、初めて着た!」
リクヲ「似合ってるね!流石あなたちゃん」
「ありがとうございます!」
「着付けできるのかっこいいです♡」
リクヲ「う、うん!!みっくんに見せてきなよ!」
「うんっ!!!」




無邪気な笑顔で 走ってリビングに行く

まだまだ子供だなぁ〜…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
𝓜𝓲𝓴𝓾.🐟🌛𝓔𝓲𝓳𝓲.♡
携帯変わったんで垢変えました🤡 フォローしてくれる人あいちてるよ♡ AVANTIS . 🏡小林家の住人🏡 おんと両思いなの〜 ☝️💖 らぶちらぶち💚 あ、すみません結婚してますんで。👭💗 自慢の推しぴ えいじくんです ☽⋆゜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る