無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1
2021/08/06

第10話

_9
私は多分、風邪をひいた。
御影 由真
御影 由真
う、うぅ…
由真の母)寝てなさいよ?
御影 由真
御影 由真
うん…
体温は39.8°で40°近くあった。
熱にうなされてか起きるのも辛かった。
頭がガンガン痛くて、汗も気持ち悪く、
頸動脈を冷やすことで必死だった。

さっき貼ったばかりの冷えピタも暑さで
パリパリになりかけている。
そんな中、インターフォンの音が鳴った。
お母さんはそれを対応していた。
御影 由真
御影 由真
うぅ…頭が痛い…
由真の母)お客さんが来たわよ。マスクしなさい?
御影 由真
御影 由真
う、うん…
風邪で辛いって言うのに、マスクしないといけないの?
誰だよ…こんなだるい時…に…
???
由真。大丈夫か?
そう、それは目をこすっても
頬をつねっても紛れもなく、二宮くんだった