無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

XXの開花 Ⅴ
ユリ
正解正解!
ユリが楽しそうに手を叩く。
四月一日わたぬき 柊也とうや
能力分かって良かったです。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
お疲れ様!
くれ 葉月はづき
凄かったよ!柊也君!
四月一日わたぬき 柊也とうや
ありがとうございます。
ユリ
ほら、次行って次!
相変わらず急かすユリ。
それに応えるように外野席から2人が立ち上がって戦う地へと向かう。
成瀬なるせ 冴羅さら
暁君、頑張れ〜!
つじ 林太郎りんたろう
せんぱ〜い!頑張ってください!
千島ちしま 瑞樹みずき
あの2人の先輩か…
諦め疲れ切った表情でドラゴンのぬいぐるみを抱く代々木先輩。
そして、もう1人はおそらく辻君の先輩と見られる真面目そうな先輩。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
次は〜…あのドラゴン先輩と辻君と同じ高校の先輩かな?
成瀬なるせ 冴羅さら
ドラゴン可愛いですよ〜!
代々木よよぎ あかつき
はいは〜い…
手を振る成瀬さんに代々木先輩が呆れたような顔でドラゴンの手を動かして手を振り返す。
音羽おとは 捺袮なつね
じゃあ、始めるけど…ヒント考えるのそろそろめんどくさい…
捺袮がいつも通りの溜息を零して悩み始める。
音羽おとは 捺袮なつね
代々木暁は…女の子の遊びって感じなやつかな。
音羽おとは 捺袮なつね
国木田達也は…壁的な感じの。
くれ 葉月はづき
女の子の遊びだったら〜…おままごととか?
酒葉さかば みのり
ちょうど代々木先輩、ぬいぐるみさん持ってるみたいですし、いいんじゃないんですか?
温かい笑みで笑いながら酒葉さんが言う。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
案外使えたりしてね?
千島ちしま 瑞樹みずき
さぁな。
そんな話をしていると、いつの間にか戦いが始まっていたのか低く唸るような声が響いた。
千島ちしま 瑞樹みずき
え?
成瀬なるせ 冴羅さら
行け行け〜!!
代々木よよぎ あかつき
いや、待っ……何こいつ…。
代々木先輩が抱いていたドラゴンのぬいぐるみが突然動き出し、空にすっと浮く。
本能寺ほんのうじ 千早ちはや
へぇ、動くんだ。
楠木くすのき しん
口の中、光ってね?
千島ちしま 瑞樹みずき
言われてみれ ─────
ボオオォォォォォォッ!!!!!
熱風が吹いてきて俺は思わずむせる。
一瞬何が起きたのか分からなくなった。
赤く燃え上がる炎を見て表情が引き攣る。
千島ちしま 瑞樹みずき
おいおい、こんなの防ぎようが…
宙で小さな翼を動かして飛んでいる見た目は可愛らしいドラゴンのぬいぐるみ。

口から火の粉が出ていて、今の炎の犯人がぬいぐるみだということは一目瞭然だった。
深海ふかみ みぞれ
どうやら代々木君の能力はぬいぐるみを操る…ドール使いと言ったところでしょう。
深海先輩が推測を話す。
炎が小さくなってくると、フィールドの端にいた能力の持ち主である代々木先輩もまさかの力に驚いている様子だった。
四月一日わたぬき 柊也とうや
……対戦相手である国木田先輩も何か掴んだようですね。
四月一日君が指した先には四角く焼けていない綺麗なフィールドの中心に立つ国木田先輩。

様子から見て、防いだというよりも何かによって守られたといった方が適切だ。
つじ 林太郎りんたろう
先輩、ナイスです〜!
ユリ
捺袮〜!暁君が盛大にやったみたいだけどちゃんと生きてる〜?
音羽おとは 捺袮なつね
まぁ、生きてるよ。
眠そうに欠伸をする捺袮を中心に半径2〜3m程は被害が無く、それより外は燃えて黒くなっている。

ゲームの審判は死なないように元から設定されているのか?それとも偶然か……
福冨ふくとみ 一霖いちりん
捺袮君、どうやって防いだんだろ?
四月一日わたぬき 柊也とうや
彼女のことですし、何かしらの方法で審判である彼が死なないようにバリアでも付けそうですね。僕達が反乱を起こさないようにって。
くれ 葉月はづき
国木田先輩もヒントで壁って言ってたし見てても何かバリア!って感じの能力っぽいよね。
本能寺ほんのうじ 千早ちはや
それ以外に考えられないでしょ。
本能寺ほんのうじ 千早ちはや
試合を見るのもいいけどさ、手探りで自分の能力が何なのかを探すのも勝つ為の手段だとあたしは思うよ。
深海ふかみ みぞれ
それは私も同意見です。敵を知る前に自分のことを知らないと戦うことさえ出来ませんから。
持っていた生徒手帳にメモをする千早と試合を見ながらも他のことを考える素振りを見せる深海先輩に俺達は顔を合わす。

知ることが出来れば、相手が考えている間に先制攻撃を仕掛けることが出来るってこと…
確かに他の人も大事だけどそっちも大事だな。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
ドラゴン先輩はドール使い、国木田先輩はバリア〜…結界の方がかっこいいかな?
福冨ふくとみ 一霖いちりん
まぁ、能力が分かった事だし別に見なくてもいいんじゃない?僕達もヒントは無いけど能力のこと考えてみよう、瑞樹。
千島ちしま 瑞樹みずき
ああ、そうだな。