無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

XXの始まり
クラスメイト
あぁ〜!腹減った!
千島ちしま 瑞樹みずき
4時間目に体育ってのがおかしい。何で腹減ってる時にさらに腹減る授業があるんだよ…
やっと4時間目の体育が終わる。


俺達が通う篠北高校は週1で給食だった。
そして、今日がその給食の日。


校内にいい匂いをばらまかれ俺の空腹も最頂点に達していた。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
まぁまぁ、もうご飯食べれるんだからいいじゃん!
千島ちしま 瑞樹みずき
そうかもしれないけど…
福冨ふくとみ 一霖いちりん
なら、いーの!
千島ちしま 瑞樹みずき
はいはい…
いつもの給食。
だけど、少し違う味がしたような気がした。


今日のカレーは隠し味が違う?
まっ、聞いたところで隠し味だから教えて貰えるわけないか。
昼休み。
みんなが騒ぐ教室で俺は一霖とスマホゲームで対決していたが、一瞬軽い頭痛がした。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
痛っ……
千島ちしま 瑞樹みずき
大丈夫か?
福冨ふくとみ 一霖いちりん
うん、大丈夫だよ。
頭を押えてる一霖。


何だ…一霖も同じタイミングで頭痛とか…
千島ちしま 瑞樹みずき
気分良くするために外に風にでも少し当たりに行く?
福冨ふくとみ 一霖いちりん
いいね!そうしよう!
俺達はスマホをしまって、立ち上がる。
そして、教室を出ると屋上へ。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
はぁ〜…風が気持ち良い!
千島ちしま 瑞樹みずき
だな。そういえば、さっきの痛いってどうしたんだ?
福冨ふくとみ 一霖いちりん
あ、さっき?いやぁ、何かいきなり頭痛に襲われちゃって…
一霖が何故か照れ臭そうに頭を搔く。
千島ちしま 瑞樹みずき
実はさっき、俺も頭痛がして…
福冨ふくとみ 一霖いちりん
え、ほんと?そんなことあるんだね?
千島ちしま 瑞樹みずき
偶然、ってやつだろ。…あ、もう授業始まるじゃん。教室戻ろう。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
うん。
屋上から教室に向かう……が、さっきまで沢山の声が聞こえていた校内がやけに静かだ。
俺達の足音以外何も聞こえない。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
ねぇ、瑞樹…。何か静かじゃない…?
千島ちしま 瑞樹みずき
ああ…さっきまでこんなんじゃ…
女子
きゃあああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
福冨ふくとみ 一霖いちりん
ひぃっ!?
2年生の廊下に着いた時、聞こえた女子の悲鳴。
その悲鳴に俺は自然と走り出していた。
場所的に隣の教室だな…!
千島ちしま 瑞樹みずき
どうした!!
くれ 葉月はづき
え、あ、み、瑞樹君…み、みんなが…みんなが血を吐いて倒れて……っ!!
そう告げた教室の入口付近に座り込む呉さんは涙目でガタガタと震えていた。
それに驚いてる俺の鼻にツンとした鉄の匂い。
千島ちしま 瑞樹みずき
何だよ、これ………
教室の状態を一言で表すなら、赤。


壁や床が真っ赤に染まり、生徒が倒れている。
もう息をしていないのは見るだけで分かった。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
瑞樹!どうし ────
千島ちしま 瑞樹みずき
お前は見るな!!
遅れてやって来た一霖を教室から離す。
俺も十分精神がまいりそうなのに、臆病な一霖ならこんな光景に耐えられるはずない。
千島ちしま 瑞樹みずき
……まさか…
嫌な予感が当たらないことを願いながら、俺は自分の教室に走り込む。
すると、入った途端俺は盛大に滑った。
千島ちしま 瑞樹みずき
うわっ!!
ぺちゃっ…という音と共にまた視界に赤が映る。
手を見ても赤、横を見ても赤、赤、赤……
千島ちしま 瑞樹みずき
何でこんなことに……
女子
分からない。
目の前に立った女子から手を差し伸べられる。
俺は顔を上げて、その女子の名前を呟いた。
千島ちしま 瑞樹みずき
!……千早…
本能寺ほんのうじ 千早ちはや
誰もこの状況が把握出来ない。あんたもあたしも。何でみんなが死んであたし達が生きているのか。取り敢えず、今は一秒でも早く状況を把握しよう。ほら、立って。
千島ちしま 瑞樹みずき
ありがとう…
俺は千早に手を伸ばしたが血塗れで一瞬握るのを躊躇した。
しかし、千早が痺れを切らして俺の手を掴むと立ち上がらせてくれる。
廊下に出たところで廊下で教室を見ないように待っていた一霖と呉さんがこっちにやって来た。
福冨ふくとみ 一霖いちりん
あ、千早ちゃん…!
本能寺ほんのうじ 千早ちはや
ふ〜ん…福冨と呉も…今のところ4人…
千早が冷静に言うと、校内放送を知らせるチャイムが鳴り響いた。
千島ちしま 瑞樹みずき
放送…
女子
『はぁ〜い!こんにちは!昼休みも終わり皆さん死にましたねっ!では、生存者は体育館に集合〜!』
短い放送が終わり、校内に静寂が戻る。
くれ 葉月はづき
何、今の…
福冨ふくとみ 一霖いちりん
た、体育館に行かないといけないみたいだけど…
本能寺ほんのうじ 千早ちはや
放送がある時点でこの校内にあたし達以外にも生きてる人はいる。なら、先にそれを知るために行くべきでしょ。まぁ、あんた達が行かなくてもあたしは一人で行くけど。
千島ちしま 瑞樹みずき
待ってって。
本能寺ほんのうじ 千早ちはや
何。
一人で先に体育館に向かおうと歩き出した千早を俺は止めた。
千島ちしま 瑞樹みずき
人が死んでる、単独行動は良くない。
本能寺ほんのうじ 千早ちはや
……あっそ。なら、早くして。
嫌そうな表情をしたが、何とか止まってくれた。
俺は怖がる一霖の腕を引っ張り、呉さんに声をかけると4人で体育館に向かう。
体育館に着き、中に入ると4人の男女がいた。
どの人も見たことある人達で特にその中の1人は部活仲間の奴だ。
俺達が入ったと同時に体育館の鍵が閉まる。
そして、壇上に女子と男子が立った。
女子
こんにちは〜!給食のカレーは美味しかった?
男子
ユリ、それはどうでもいいから…
静かな印象を与える男子が呆れたように冷ややかに告げると、明るい笑みを浮かべる女子はわざとらしく舌を出してみせる。
ユリ
あはっ、そうだね!では、これから君達の命をかけて『XXゲーム』を開催しま〜す!司会は私、ユリと!
音羽おとは 捺袮なつね
音羽捺袮。
ユリ
よろしくねっ!