無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

好きには罠が
神ちゃんのこと



好きなんだよね、、


「はぁ、」


〈あなた〜!ため息ついたらあかんよー!〉


なんでわかるの、、


神ちゃんって


まぶしい笑顔で


周りを安心させて、


すっごく優しい、


そう思ってた、


_____________________________________________


廊下をとぼとぼ歩いていると、



〈もう、絵梨可愛すぎやろ〜〉

視聴覚室から聞こえてくる声


〈ほんま、絵梨のこと好きやわ、〉

神ちゃん、彼女いたんだ

「!」



「っ!」


見てしまった


神ちゃんがキスしてるとこ


私はその場から逃げ出した、


「っ、っ、ふっ、はっ」


辛かった、


苦しかった、


ずっと好きだった神ちゃん、


「、もう、何でぇ、グスッ」



私の目から大粒の涙が溢れた