無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

意味が違うよ、、
何であんな事を言ってしまったんだ、


そう、後悔している自分がいる、


[あなた〜!おはよー]


「瑠李、おはよ、」


[どうした?もしかして後悔しとるとか?]


「そのもしかして、」


やっぱり?とはにかんでくる瑠李をみてつくづく思う、

瑠李はエスパーなのか?


[でも、喧嘩なんてやめないと思うよー?]

「、うん、わかってる、諦める理由?かな」

___________________________________________________________

教室中、いや、学校中がざわついている


[なんかあったのかな?]

教室に入っていくと、


机の上に足を乗せて座っている藤井流星がいた、


そいつの髪の色が、



黒になっていた、


『あ、水野きた、』


「え、、、なんで?」


『なんでってお前がヤンキーやめろって言っただろ?』

「別にヤンキーやめろなんて、、」

『は?なんて言った?』

「なんでも、ないです、、」

〔うわぁ!流星黒やん!〕

『望〜見てや、ちょーいたんどる、、』

〔笑笑〕


『あ、水野、今日一緒に帰るぞ、』

「今日は、、」

『は?一緒にかえんねーの?』

「、、帰ります、、」



怖くて刃向かうことができない、、


でも、ヤンキーやめろなんて、、、