無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

好き?
え、


藤井流星が、


私のことを



好き?


え?


『なぁ、聞いてんのかって』


「いやいや、なんで?」


『なんでってお前が好きだから?』


なんでこいつはこんな事を言っているんだ、


「ごめん、考えさせてください、!」


私はその場から逃げ出した、


ヤンキーは、嫌いだし、


第1そんなの危なすぎる、


[やめときなよ、藤井って学校一やばいやつでしょ?]

「うん、、」


[なんであの時ズバッと言わなかったの?]

言われてみればそうだ、


あの時ズバッと断れば、


でもそんなことしたら、


顔中アザだらけだよ、、、