無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

助けて、、、
私が藤井流星を好き?




いや、ないない、



ぼーっとそんなことを考えていた時、


《ねぇーねぇー、君?あなたちゃんだよね?》



「え、、、、」



《そーでしょ?俺らさー暇なんだよねー?ちょっと付き合ってよ!》



「あ、、ごめんなさい、、今日は祖母が来るので、、」



咄嗟についた嘘、



信じて、お願い!


《まぁーいいじゃん?ちょっとでいいからー!さぁー行こー!》



「や、やめて、離して、ください!」


《あー、うるさー、ちょカイト、あれかせ、》


《はいどーぞー》


「え、、ん!ん、、、ン、」


《はーい、大人しくしててねー、、、、行くぞ、》


口にガムテープを貼られ、身動きが取れない、声が出せない、


「ん!!!ん!!!」


《はいはい、》



藤井流星!



助けて、、、