無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

優しいの?


はっと我にかえる、



待って、



私なんで藤井に抱きしめられてるの?



あ、、


泣いたんだ、

私、


「、っ、、」


『、、落ち着いたか?』


「うぁぁぁぁあ、ごめんなさい、!」

『別に、ええけど、、』


「ほっんとごめんなさい、、」


『え、、』


一気に体じゅうが沸騰したみたいに熱い、


すごく安心した、



でも、


「あぁぁぁぁ、、」



最悪だ、


もうあいつと関わらない、


そう思ってたのに、、


絶対、、目赤いよね、


サボろ、