無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

好きやわ
『俺やっぱりあなたのこと好きやわ、












俺と付き合ってもらえませんか、。』









どうして、




ずっと思っていた、








なんでこの人は私のことを好きなんだろうか









ずっと思っていた







「ねぇ、私のどこが好きなの?」






私は聞いた、






『入学式の時、




俺さ、絡まれてん、学校の前で、




その時にあなたが俺らの前を通った時、






めっちゃ恥ずいんやけど、











一目惚れしました、、、、』







え、






一目惚れ?!?!




ヤンキーでも一目惚れするんだ、、、






「私ね、藤井のことずっと怖かった、





なんかよく目合うし、





あったらめっちゃ睨まれてる気がしたし、






なんか、怖くて距離とってた、





でもね、





だんだん目が離せなくなった、






だから一緒に帰る時も




慰めてくれた時も、




すっごく嬉しかった、




だからさ、





返事は、







はいで、




お願いします、。」






『まじ?、、ほんま?』





「うん、!」





『よっしゃァァァァァァァア!!!!』





「よろしくおねがいします、」