無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

本音言うてみ? 流星side
『なぁーあなたー』


「な、何?」

『本音、言うてみ?』


「え、何で?」


『本音、あるやろ?』


『ほんとはーって』


「ほんとは、、、、」


『うん、』


「好きな人がいます、、」


『やっぱりなー、あなた絶対俺のこと、好きにならんって思っとった』


「ごめん、なさ、『神ちゃんやろ?』

「え?」


『好きなんやろ?神ちゃんのこと』


「な、何で?」


『お前わかりやすいねん』


「な、!」


『神ちゃんに勘違いされたくないんやろ?』


ただ喋っているだけなのに、



こんなに辛いんやな、


俺はあなたが好きやったんに


あなたの心に俺はおらん、、


あなたは神ちゃんしか見とらん、


辛いわ、


「ごめん、なさい」


『謝らんでええよ、俺が諦めればそれでええねん』


『やけどさ、俺多分あなたの事嫌いになれへんわ』


「う、うん、」


『俺はまだ、諦めてへんから、』


「はい、、」


『俺の前で、謝んなよ?』


やっぱ俺、あなたが好きなんやなー