無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

勇気がないんです、

次の日、何事もなかったかのように私は神ちゃんのところへ行った。



「なぁ、神ちゃん、」


〈ん?どしたあなた?〉


「あのー、さ、」


〈ん?〉


「ちょっとこっち来て!」


〈おん、?〉



____________________________________________________________

「あのね、、私、





神ちゃんのこと好き、、、



だった、の、。」



〈!!!、〉



「神ちゃん今彼女いるでしょ?だから諦めてた、」



〈え、いや、あ、えっと、、〉


「だから、この気持ちだけ受け取ってほしいです、、。」



〈あんなあなた、俺さ、ずっとあなたのこと好きやって、、〉


「え?!」


〈せやけど、流星に告られてたし、あなた付き合うんかな思ってて、、〉


「なんで、、、」



〈そしたらあいつに告られてさ、あなたへの気持ち忘れようと思って、、〉


〈俺が勇気なかったんや、ごめんなあなた〉


「、、ううん、いいの、」


神ちゃん私のこと好きでいてくれてたんだ、



神ちゃんに勇気がないんじゃない、



私に勇気がなかったんだ、、


ほんと私って、、


〈あなたさー、流星のことさ好きやろ?〉


「え?、、えぇぇぇえ?」


〈だって、あなたが流星を見る目、優しいで?〉



私が藤井流星を好き?



うそ?