無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

学園長
学園長
な、なんですって〜!?
学園長
学園長
私達が寮長会議をしてる間に土に埋まってたあの正体不明の謎の少女が見張り役で側に付いていたゴーストも知らないうちに綺麗さっぱり消えたですって〜!?(怒涛のあらすじ)
全員
え〜!?
ゴースト
ゴースト
ごめんよ、しっかり見てたんだけど…
リドル
リドル
ゴーストの目を欺くなんて…
彼女は只者じゃないね
レオナ
レオナ
チッ…めんどくせぇな
アズール
アズール
学園長!この僕が謎の少女を
すぐに見つけて差し上げましょう!
カリム
カリム
よく分かんねぇけど…
楽しくなってきたな!
ヴィル
ヴィル
全く…絶対に逃さないわ
土の中に埋まってたのにキメ細かい肌の理由を聞き出さなきゃ!
イデア
イデア
タブレット  これだから陽キャは…拙者はこんなこともあろうかと監視カメラを設置してたでござるからなʬʬʬ
学園長
学園長
シュトラウドくん!
先にそれを言ってくださいよ!
イデア
イデア
ひぃっ…え、拙者何で怒られてんの?悪いことなんてしてないでこざるよ?逆に拙者褒められるべきでは?
責任転嫁しないでほしいでござるな〜…ʅ(´◔౪◔)ʃ
ガチャッ!🚪
マレウス
マレウス
何者かが我が寮に対し魔法を使ったようだ
リリア
リリア
マレウスの驚きっぷりは面白かったのぅ
セベク
セベク
シルバー!貴様のせいで若様がお心を乱されてしまったではないか!
シルバー
シルバー
? なぜ俺が怒られるんだ?
学園長
学園長
ディソムニアに魔法を!?
全く問題が次々…説明を頼めますか?
マレウス
マレウス
ついさっきの事だ…