無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

680
2021/09/28

第17話

??「青葉城西来ましたー!」


??「マネはあちらに」


鰤「はぁい♡♡♡」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

??「あ、ブリ子ちゃん、と、誰かな?」


鰤「あっ♡♡潔子さぁん♡♡またぁ、虐められにぃ来たんですねぇ♡そちらこそぉ♡どなたですかぁ??♡♡♡」


清水「〜ッ……谷地、仁花ちゃんよ」


谷地「(虐め?)よ、よろしくおなしゃす!」


長谷川『あのぉ♡ブリ子ちゃん抜きのマネで後でお話したいでぇす♡♡♡


清水「ッ!分かった


長谷川『私はぁ♡♡♡長谷川あなたの下の名前でぇす♡♡♡よろしくお願いしまぁす♡♡♡』


白福「白福雪絵でーすよろしくねぇー(虐め……?)」


雀田「雀田かおり!よろしく!(潔子ちゃん何があったの?)」

※合宿は2回目です()


鰤「あっ♡♡♡イケメェンはっけぇーん!♡♡♡じゃっ!♡♡♡」


あ、どっか行った


清水「~~~ッッッ……グスッ」


雀田「ッ!どうしたの!?」


白福「虐めって何の事?」


長谷川『あの、すみませんお話良いですか?』


谷地「へ?ぶりっ子じゃッ……はっ!すみませんッッ」


長谷川『あ、大丈夫ニコッ私ぶりっ子のフリしてるの!楽しいから!笑青葉城西はブリ子以外知ってる!』


谷地「そうなんだ!」


長谷川『あの、清水さん』


清水「潔子で良いよニコッ」


長谷川『無理して笑わないで下さい……ッ』


長谷川『多分ですけど、あいつ、私潰せます』


マネず「!?」


長谷川『私失敗しないので』


マネず「(´^ω^`)ブフォwww」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その頃ブリ子は〜

鰤「ねぇねぇ♡けーくぅん♡てつろーさぁん♡♡♡」


月島「…………」


黒尾「あのー、オジョーサン?俺名前呼び許してないんですが」


鰤「えぇー?♡♡♡♡けーくんもぉ♡てつろーさんもぉ♡ツンデレなんだからっ♡♡」


2人「(‐д`‐ll)おぇ」


(長谷川『多分ですけど、あいつ、私潰せます』)


鰤「(*`>З<)、;'.・ クシュンっ♡!」


2人「(やばい吐きそう)」


鰤「(長谷川か?)」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長谷川『(* >ω<)=3ヘックション!』←素です


バレー部「(可愛い……)」
↑鰤ブリ子さん、↓長谷川氏(上ぶりっ子下普通)
長谷川ヤンキーです(東京リベ〇ジャーズは関係無いです())