無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

里美と航は…
里美side
青柳航
青柳航
ねぇ里美くん?
時雨ちゃんの事サポートするって言ったけどどうやってサポートするの?
桃井里美
桃井里美
んー…
サポートするって言ったけど…
時雨ちゃん話すことは出来るんだもんね…


あ、でも…
桃井里美
桃井里美
他の奴らに時雨ちゃんのことバレないようにする…って言うのは…どうかな…?

今まで隠して来てたのに俺らが気付いちゃったんだもん他の奴らにはバレないように俺らで隠しとうさないと…
青柳航
青柳航
あ〜…でもどうやって?
桃井里美
桃井里美
時雨ちゃんは後ろから話しかけて来た時と大勢で話したときが話してることが分からないって言ってた…だからいつも俺らのどちらかがつきっきりでいて後ろから話しかけて来た奴がいたらさりげな〜く気付かせてあげる…とか?
青柳航
青柳航
あ〜…
いいかもね!それ!
桃井里美
桃井里美
よしっじゃあそれで!
青柳航
青柳航
うん
『"歌手になりたかった"』
桃井里美
桃井里美
桃井里美
桃井里美
あとさ…
青柳航
青柳航
桃井里美
桃井里美
あいつ歌手になりたかったんだって…
だからさその夢…応援してあげることって出来ないのかな…
青柳航
青柳航
うーん…たしかに応援したい気持ちは分かるけど耳が聞こえないんじゃ歌歌えないんじゃないかな?
んー






















まだまだかかりそうですねw

一旦終わりにします!