無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

さとみくん…
さとみくんside

飛ばして帰り
彩芽時雨
彩芽時雨
ごめん私こっちだから…
桃井里美
桃井里美
あーあ時雨ちゃん反対側なんだ…
一緒に帰ったらしたかったのにな〜ナンテw
ちょっとくらいついて行ってもいいかな…
これで家分かったら朝迎えに行ったり…(妄想)

______________________________________
作者
さとみくんはそんな人じゃないので…はい…
_____________________________________

ちょっと一緒に帰る風に見せかけて…

後ろから…
桃井里美
桃井里美
時雨ちゃん‼︎
彩芽時雨
彩芽時雨
あれ?聞こえなかったか?

もう一回もっと近づいて…
桃井里美
桃井里美
時雨ちゃん?
彩芽時雨
彩芽時雨
え?これでも気付かない?
どうしたんだ⁇

肩ポンポン
桃井里美
桃井里美
時雨ちゃん?
彩芽時雨
彩芽時雨
ヒャイ!!
彩芽時雨
彩芽時雨
あ、さとみくん?
びっくりした〜急に来ないでよ〜
は?おっと口が悪くなったw

え?さっきまでの聞こえてなかったのか?
もう1メートルくらいしか距離無かったのに…
彩芽時雨
彩芽時雨

どうしたんですか?
桃井里美
桃井里美
あ、いや一緒に帰りたいな〜って思って…
彩芽時雨
彩芽時雨
えっとー今日は用事があるのでごめんなさい…
桃井里美
桃井里美
あ、そうなんだ…
彩芽時雨
彩芽時雨
では、お先に…
なんだったんだろう…

さっきの時雨ちゃん本当に聞こえてなかったのかな?
そしたらなんだ?
難聴?でも普通に話せる時は話せるし…😣


さよならしちゃったしこのまま家に帰るんじゃ無さそうだし…
でも、気になる…時雨ちゃんと仲良くなれたけどまだ全然分からない…さっきの何だったのかついて行ったら分かるかな…
______________________________________

さとみくん感が良すぎてやばいw