無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

時雨の気持ち
さとみside

コンコン
彩芽時雨
彩芽時雨
まぁ聞こえないから意味ないんだよなw
青柳航
青柳航
失礼します!
桃井里美
桃井里美
失礼しま〜す…
彩芽時雨
彩芽時雨
トントン
桃井里美
桃井里美
(*´꒳`*)
彩芽時雨
彩芽時雨
ぁ…(*´꒳`*)


喋れないからこんな事しか出来ない…
彩芽時雨
彩芽時雨
『お話って?』
桃井里美
桃井里美
『なんで、作詞の仕事やりたくないのかな〜って…時雨ちゃん言ってたじゃん?歌手になりたかったって、だからこう言う仕事いいんじゃないかなって思ったんだけど…』
彩芽時雨
彩芽時雨
『里美くんが私のために留衣くんにまで相談してこうなったのは分かったし、嬉しかった…』
彩芽時雨
彩芽時雨
『けど…』
そこで時雨ちゃんの腕が止まった…




少しして
彩芽時雨
彩芽時雨
『けど、こんな事したら私歌手になりたいって夢諦められなくなっちゃうじゃん?だから私はもう音楽関係の仕事は絶対やらないって決めたから』
彩芽時雨
彩芽時雨
『せっかく色々考えてくれたのにごめんね?』
そう言うことか…

確かに俺がこう言う立場だったら時雨ちゃんと同じ意見かもしれない…
桃井里美
桃井里美
『そうだったんだね?ありがとう教えてくれて』(*´∀`*)



残念だけど、この話はやめてあげよう…
桃井里美
桃井里美
『じゃあ今日はこの事聞きにきただけだからもう帰るね?』
彩芽時雨
彩芽時雨
『うん(^^)また今度…』
青柳航
青柳航
『バイバイ!』



____________________________________________
青柳航
青柳航
さとみくん?
桃井里美
桃井里美
ん?
青柳航
青柳航
あ、いやなんかボーっとしてたからw
桃井里美
桃井里美
あwごめんw
青柳航
青柳航
w俺分っちゃったかもw
桃井里美
桃井里美
何が?
青柳航
青柳航
里美くんが時雨ちゃんのことそんなに考えてる理由w
桃井里美
桃井里美
え?なに?
青柳航
青柳航
里美くん、時雨ちゃんのこと好きでしょ?
桃井里美
桃井里美
ブブゥゥー((((;゚Д゚)))))))
青柳航
青柳航
w
桃井里美
桃井里美
は?べ、別に好きとかじゃないし、その何っーか気になってただけって言うか…
青柳航
青柳航
分かってないなぁ〜それが恋なんだよぉ〜w

こいつにだけは言われたくなかった…
けどあってるのかもしれない…
青柳航
青柳航
認めなよぉ〜里美くん〜ニヤニヤ


ウザッ
桃井里美
桃井里美
分かったから行くぞ!
彩芽真冬
彩芽真冬
あ、まって‼︎
桃井里美
桃井里美
?まふまふさん?
青柳航
青柳航
どうしたんですか?
彩芽真冬
彩芽真冬
あ、あのさ…時雨とお話したんだよね?…
桃井里美
桃井里美
はい…しましたけど?
彩芽真冬
彩芽真冬
音楽関係の仕事やりたくないっていってた?
青柳航
青柳航
あーまぁ〜そんなこと言ってましたね…
彩芽真冬
彩芽真冬
そっか…
彩芽真冬
彩芽真冬
そうだよね…
分かった!ありがとう今日は来てくれて!
桃井里美
桃井里美
はい、また来れたら来ます!
彩芽真冬
彩芽真冬
うん!めっちゃ来ていいよ!







こんな他愛もない話をしていた頃が懐かしい…






























時雨ちゃん












君は一体…





















どこに行ったの?


_____________________________________________




すいません。私の勝手でこのお話今は高校時代の話となっていますが、次回からめっちゃ飛ばして成人した頃にします。その前に少しだけ、まだ色々と謎があるのでみてくれると嬉しいです。