無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

言っちゃった…
家に帰宅


時雨side
彩芽時雨
彩芽時雨
あ、そうだったお医者さんになんか少しでも何か起こったら病院に来てって言われたんだ…行かないと…
里美君には明日言うって言っちゃったけど…病院終わった後に行けるかな?
彩芽時雨
彩芽時雨
里美君

LINE『ねぇ里美くん?明日言うって言っちゃったけど病院に行かないといけなくなっちゃったの。だから行けたら行くからその時話すね?ごめんね?』
桃井里美
桃井里美
LINE『あ、ほんと?了解!』


次の日


病院なう
看護師さん
看護師さん
彩芽さん、彩芽時雨さん3号室にお願いします。
(モニターに表示される)
彩芽時雨
彩芽時雨
(あ、行かなきゃ…)
Doctor✨
Doctor✨
こないだ振りだね?
どうしたんだい?
彩芽時雨
彩芽時雨
Doctor✨
Doctor✨
あ、聞いてるのか…
彩芽時雨
彩芽時雨
紙『言葉が分からなくなっちゃったんです…』
Doctor✨
Doctor✨
え?
Doctor✨
Doctor✨
紙『じゃあ今日これから大事な予定ある?無かったら検査のために1日だけ入院してもらいたいんだけど…』
里美くん達どうしよう…でも、検査の方が大事…なのかな?
彩芽時雨
彩芽時雨
紙『大丈夫ですお願いします。』
Doctor✨
Doctor✨
紙『じゃあ準備が出来るまで待合室で待っててくれ』
彩芽時雨
彩芽時雨
『はい、』
待合室
彩芽時雨
彩芽時雨
LINE『ごめんなさい里美くん。今日から1日だけ検査入院することになっちゃいました。』
桃井里美
桃井里美
LINE『まじか…じゃあ病室にあいつら連れて来たらしちゃダメかな?そしたら連れてくるよ?』
彩芽時雨
彩芽時雨
『ほんと?分かった来ていいよ!待ってる』
桃井里美
桃井里美
『じゃあ着いたら一回連絡する』



20分後
桃井里美
桃井里美
LINE『みんな連れてきたぞ!受付で聞けば分かるのか?』
彩芽時雨
彩芽時雨
LINE『ありがとう!うん受付で私の名前出せばすぐに教えてくれると思う』
桃井里美
桃井里美
『分かった』
もうそろそろだ…


落ち着いて言えば大丈夫。

みんな優しいから分かってくれる…