無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いちわめ
ウォヌside
ウォヌ)はぁ..体がだるい...ゴホッゴホッ
こんにちは、皆さん...
はい、見ての通り、わたくし絶賛、風邪ひいてます...
なので、今日は一人で家で休んでます...
なんか寂しいな...
(皆さんの心の中...)
(私が看病してあげるよ♡♡♡)
(ですよね...フッフッフッ私には、なんでもお見通しですよ...)
(いや、お前がそう思ってるからだろ、)
なんかうるさい蚊がいる。(なんか傷つくんですけど...
まぁ、いいや、
っていうか、なんか飲みたいな...
ウォヌ)よいしょ、
うぅ、きついな...
すぐ帰ってこよ...
リビング
ウォヌ)飲み物...ん?
何これ...
そこにあったのは、栄養ドリンクみたいな謎の瓶があった
風邪で頭が働かない俺は、気になって謎の瓶を飲んでしまった。(良い子は飲んじゃダメだぞぉ~←は?
ゴクッ
その瞬間、急に猛烈なめまいが来た。
ウォヌ)うッ、助け..て、みんな...フラッ
バタン
数時間後...
スンチョルside
みんな、ウォヌ以外)ウォヌヤ!!/ウォヌヒョン!!ただいま!!
今日は、ウォヌが熱だしてるから、マネヒョンに頼んではやく帰らせてもらった。
ミンギュ)はやくウォヌヒョンのところ、行かないと!!
ドギョム)だね!!
ガチャ
ミンギュ、ドギョム)ん?
スングァン)うわっ、急に止まらないでくださいよ!!って、え?
みんな、ウォヌ以外)え?
そこにいたのは、
2、3歳ぐらいのかわいい男の子が大人サイズのTシャツとズボンをかぶって寝ていた。
スンチョル)え?なんで?
ウジ)ここ、俺らの家だよな?
ホシ)うん、
ミョンホ)ん?ちょっと待って?
みんな、ウォヌ&ミョンホ以外)ん?
ミョンホ)この服って、ウォヌヒョンが朝、着てた服じゃ、
みんな、ウォヌ&ミョンホ以外)うわっ!!本当だ!!
ジョシュア)え?でも、なんで?
バーノン)もしかして、これ...
バーノンが手にしたのは、ウォヌが飲んだ瓶だった。
ジョンハン)何?これ?
バーノン)あ、書いてある。
バーノン)「幼児化しちゃう薬」...
みんな、ウォヌ以外)...えぇぇぇ!!
ウォヌ)ビクッふぇぇぇ(泣)
みんな、ウォヌ以外)あ!起きちゃった!!
ど、どうしよう...
ジョンハン)ヨシヨシ大丈夫だからねぇ、ヨシヨシ
ウォヌ)ふぇぇ(泣)
さすが俺のよm(殴おい、
スンチョル)え、えっと、まずは、なんだ?
みんな、スンチョル&ウォヌ以外)スンチョル、テンパッチョルwww(どした?
ジョンハン)wじゃあスンチョル、バスタオル持って来て!!
スンチョル)はい!!
ジョンハン)それで残りは離乳食とかちっちゃい子が食べれるようなもの買って来て!!
みんな、スンチョル&ジョンハン&ウォヌ以外)はい!!
続く...
――――――――――――――――――――――――――――――
あゆんさんのリクエストで作らせていただいた、「ウォヌの幼児化」です!!(リクエストありがとうございます🙇
見てくださったら嬉しいです!!