無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

27
2021/10/20

第34話

ハイキング 19
藤ヶ谷先生
藤ヶ谷先生
君たちの班はいろいろ大変だったね?
平気かな?
(なまえ)
あなた
藤ヶ谷先生…はい平気です。
藤ヶ谷先生
藤ヶ谷先生
そうか。ゴールおめでとう
無事君たちがゴールできたのはよかったけど…
いろいろあったから棄権になるかと思ってた、よかったよ。
大我
大我
すみません…
藤ヶ谷先生
藤ヶ谷先生
とにかく!
大我と、あなたはこのままホテル戻ったら手当だ。いいね?




藤ヶ谷先生にそう強く言われた





北山先生
北山先生
はぁ…ほんっとヒヤヒヤしたんだからな!?
大我!あなた!たく無理はするなよ?
とにかく!裏に車回してあるからそれ乗れな






北山先生にもそう言われて…
私達は車に乗り込んだ。











車に乗り込んだと同時に襲ってくる眠気。









とん。











と誰かの肩をかりて寝ていたと思う。












でもその上に重みと少しだけつらそうな呼吸を感じたからお互い様ね?










30分くらい行くと樹くんと、北斗くんに起こされた。


樹
あなたちゃん、着いたけど…歩ける?
(なまえ)
あなた
あっ、着いたの…えっと…






足、うごかなかったせいでひどくなってる



俺が連れてくよって松村くんが連れて行ってくれた。