無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話目
私は、どこにでもいる中学生。家もそこそこだし、成績も悪い方ではない。
学校に帰り道、いつもの道を歩いていると、後方から車が走ってきて、後ろで止まった。
後ろから誰かが来て、私の口にハンカチを当てた。
私
ぅゥう!!
私
やめて!
そして、私は、目隠しをされ、車に乗せられた。