無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

2話目
目が覚めた。私の記憶は車に乗せられたところから消えている。
ここは何処だろう。
私
誰か!!
助けて!
なんの返事もない。ここはコンクリートで囲まれた部屋のようだ。
ドアが開いた。
??
??
君はそんなことを言える立場じゃないぞ。
自分の体を見てごらん。
私は裸だった。
私
ここから出して!!
叫んだ
??
??
君がそんなことを言えなくなるようにしてやる。