無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

:rq:長尾謙社:直接なら...
あなたside



今日は謙杜くんと、久しぶりのデート




いつもよりおしゃれして待ち合わせのところまで電車に揺られること30分









「ごめーん、遅くなっちゃった」


謙杜「全然大丈夫だよー!」


「ならよかった」


謙杜「今日行きたいっていってたカフェいこっか!」


「ほんと!?ありがとう✨」



私が行きたかったカフェに連れてってくれることに












謙杜「いこいこ!」



ギュッ



効果音がつきそうなくらいぎゅっと恋人繋ぎなんかしてきて

心臓バクバク






謙杜「デートやし、手くらい繋ご」


「うん」











カフェまで歩いて、注文した







店員「お待たせしましたー」



謙杜「おいしそっ!あなたのやつ僕も迷ったからちょーだい?」


「いいよー!私ももらいたい」


謙杜「よきよき!じゃ」


ふたり「「いただきまーす!!」」



「うまぁぁあ✨」


謙杜「おいしい!このお店連れてきてくれてありがとう!」


「いやいや、ネットでたまたま見つけたんだよね笑」


謙杜「タピオカちょーだい」



「あっ...」



謙杜「うーん、うま✨」



私と謙杜はタピオカとパンケーキを違う味で頼んだから食べ比べできるんだけど...





間接キスって











謙杜「はーい、これあげるよタピオカとパンケーキを渡す



「あ、うん」



付き合ってるけど間接とか、無かったからなんか気にしちゃって





謙杜「飲まないん?あ、もしかして間接キス気にしとる??」



「えっ、あっ、いや、してないよ?」



謙杜「してるんやな笑」



謙杜「じゃあ...」




















































































チュッ
















































「///」











謙杜「直接なら間接キスなんて気にしないよね?笑」






















どこにそんなに余裕があるのか






心臓いくつあっても足りない





















































































request:長尾謙社:直接なら...



        fin









ゆなさん、どうでしょうか?





リクエストありがとうございました!!































































































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

き ょ - ま
き ょ - ま
末澤の誠也とかいう、やつに惚れちゃった 高橋の恭平とかいう、やつはもう惚れてる 菊池の風磨とかいう、やつはうん。とっくのとう。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る