無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

:rq:高橋恭平:いつもそばに
あなたside




[あなた]:今日会える?





[恭平]:ごめん、会えないかも、、仕事忙しくて、ごめん






わかってる、お仕事忙しいのなんて



しょうがないしょうがない、テレビにでてる恭平くんもかっこいいし















今日は一年記念日なんだよなぁ、


わかりやすく、寝室のカレンダーに印つけたのが間違いだった


ふたりで食べようと思って買ってきたケーキなんて食べちゃえ、どーせ会わないんだし。


会えないんだし。


お揃いでプレゼントしようと思ってたプレゼントも棚の奥にしまっておこ










「余計寂しくなるじゃん...」



ポロッ




あれ、私、泣いてる?





あーだめだめ、我慢我慢




バサッ




布団にとびこんで。






今日は早く寝よ






































「きょーちゃんっ、会いたいよ、グスッ」







































ギュッ





「えっ、、?」






恭平「ごめんな、寂しい思いさせて。」


私が大好きな声と温もりを感じた、いるはずないのに、



「うんん、大丈夫だよッ、なんで、いるの?」



恭平「いやー、さ?今日一年記念日やからどぉしても会いたくて、仕事めちゃんこいそいでやってきた」



「ありがとう、きょーちゃん会いたかった」



恭平「俺も。あなたがきょーちゃんって呼ぶ時はよっぽど寂しかった時か悲しかった時だよね、ごめん、いつも」



「だから大丈夫だって、お仕事大事だもん」



恭平「泣かないでよ、あっ、ケーキ買ってきたんやったわ、食べる?」



「えぇー、さっき会えないっていったからふたり分食べちゃったよ」



恭平「えー、まぁまぁ、そんなこと言わずに、ね?」



「しょーがないなあ、せっかく買ってきてくれたしたべよか」



恭平「あ、それとはいこれ紙袋を渡す


「なに?」


恭平「お揃いのネックレス、開けてみてよ」



「うん...、











めっちゃかわいい!!」




恭平「でしょ?これあなた好きそうやなと思って、貸して?つけてあげる」






ありがとう渡す




恭平「うん、似合ってるつけてあけまながら、やっぱ正解やったわ」





「ありがとう、こんな私と付き合ってくれて。」





恭平「こちらこそ、全然大丈夫会えないのに付き合ってくれてありがとう、ほんとにありがとう、これからもよろしくな?」




「うんッ」

























































































































恭平が買ってきてくれたケーキが私が買ってきたやつと同じだったということは内緒です笑





































request:高橋恭平

ありがとう
                fin





きょうへい‪‪☺︎‬さん、いかがでしょうか??




リクエストありがとうございました!































まだまだリクエスト募集中ですよ~








































































































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

き ょ - ま
き ょ - ま
みんなありがとう、読んでくれて ちょっと、ショックだから たくさん書く。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る