プリ小説

第4話

→3
家にて…
はじめ
(やっぱ、可愛いかったなぁ)
だいち
はじめさーん
はじめ
だいち
はーじーめーさーん
はじめ
だいち
はじめさんっ!((耳元で
はじめ
は、はいっ!
だいち
もーどうしたんすか?最近、ぼーとし過ぎですよw
はじめ
あ、あーそうですねw
気をつけます。。。
だいち
あ、
はじめ
ん?
だいち
あの子…
はじめ
へ?
だいち
あの子の事が好きなんですね!
すごく無邪気な顔をしてこっちを見てくるだいちくん
はじめ
見抜かれた
はじめ
い、いや!そういうわけじゃ!
だいち
俺はわかります
だいち
何年一緒にいると思ってるんですかw
はじめ
あー結局、だいちくんにはお見通しか
はじめ
はいはい!話します!
だいち
どうぞw
はじめ
まあ、話すことは1つなんですけど
はじめ
あの人の事が好きなんです
だいち
ですよねーw
はじめ
だって
はじめ
可愛いすぎません?
だいち
それは、わかります
はじめ
ねぇー
だいち
応援しますよ!
はじめ
ほんとですかっ!?
だいち
はいw
はじめ
もう、ありがたいです…
だいち
頑張ってくださいね!
はじめ
はいw
はじめ
てか、俺、あの子の名前知らないわ
だいち
それはいかん
だいち
聞きに行くぞ!
はじめ
今日?
だいち
当たり前!
だいち
行きますよっ!
はじめ
わぁ、ちょっと!?
──────────────────────
はじめ
(き、来ちゃった)
だいち
はい、なら、俺は帰ります
はじめ
なんで!
だいち
だってー俺ー必要ないしー
はじめ
もー
はじめ
いいです、俺、頑張ります!
だいち
よし!なら、頑張ってくださいw
はじめ
はいw
はじめ
(さてと…)
はじめ
(だいちくん、帰っちゃったし)
はじめ
(来るまで、パズドラしとくか)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さけ
さけ
こんにちはー、中1の乙女ですぅ。 一応、作ってるんですけど、言葉おかしいとこあるかもしれません…そこは、許してやってください!しかも、時々投稿遅れます。。。そういうとこですよね、伸びないのは! お気に入り、ハートありがとうございます!