無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

episode 5
〜西島隆弘side〜


AAAの楽屋で
宇野ちゃん
宇野ちゃん
ねーねー今日ご飯食べに行こうよ!
直也くん
直也くん
いいね!俺も紹介したい店あってさ👍🏻
秀太
秀太
じゃあ直也くんの奢りで🖐🏻
にっしー
にっしー
うぇーい🤟🏻
真ちゃん
真ちゃん
直也くんグルメやもんな笑
だっちゃん
だっちゃん
あとやっぱリーダーだから奢んないと笑
直也くん
直也くん
勝手に決めんなー笑
宇野ちゃん
宇野ちゃん
あ!そうだ!今日あなた誘わない!?
だっちゃん
だっちゃん
お、いいね〜
直也くん
直也くん
もっと話したかったしね
秀太
秀太
俺も話したい!
だっちゃん
だっちゃん
…西島と真司郎、黙ってるけどどうした?
もしかして嫌n
たかじろ
たかじろ
服何着てこ…!😥
「そんなことかよ!」と皆んなに突っ込まれる。
秀太
秀太
てかあなた忙しいしこれるか分かんねーじゃん
だっちゃん
だっちゃん
早速きこーよ
宇野ちゃん
宇野ちゃん
じゃあ私連絡s
にっしー
にっしー
俺がする!
俺は宇野の言葉を遮って言った。


すると皆んながニヤニヤと笑い出す。
にっしー
にっしー
な、なんだよ…
だっちゃん
だっちゃん
いや〜?べっつに〜
宇野ちゃん
宇野ちゃん
さーさー早く連絡してくださいな
直也くん
直也くん
そんなにあなたのこと気に入ったんだ〜?😏
にっしー
にっしー
う、うるさい
俺は皆んなから逃げるように部屋の隅っこにいって、電話をかける。


すると
はい
と、男の人が出た。
にっしー
にっしー
(しかも若くはなさそうだし…?誰だろ)
にっしー
にっしー
あ、あの…AAAの西島です
西島くんか。私は赤坂です
にっしー
にっしー
(赤坂って…あの赤坂監督!?)
にっしー
にっしー
えっとー…望田さんっていらっしゃいますか?
監督
監督
あぁ…実はあなたは今救急車で運ばれたところでね。病院で寝てるんだよ
にっしー
にっしー
救急車!?!?
監督
監督
そうなんだ。だから悪いけど用があるならk
にっしー
にっしー
どこの病院ですか!?
監督
監督
へ?
にっしー
にっしー
都内ですか?
監督
監督
都内だけど…何でs
にっしー
にっしー
心配なので後でお見舞いに行きます!だから病院の場所を教えてください!
監督
監督
分かった。都内の…
俺は赤坂監督から、病院の場所を聞き
にっしー
にっしー
ありがとうございます
と、お礼を言って電話を切った。
真ちゃん
真ちゃん
え!あなたどうしたん!?
電話の内容を聞いていた皆んなが心配そうな顔をしている。
にっしー
にっしー
詳しくは聞いてないけど、救急車で病院に運ばれたらしい…
AAA
AAA
えっ!
にっしー
にっしー
俺この後仕事まで時間あるから病院行ってくるね
宇野ちゃん
宇野ちゃん
…私も仕事がなかったら行ってたのに…
宇野が申し訳なさそうに肩を落とす。
真ちゃん
真ちゃん
…俺らの分もちゃんと様子見てきてや?
真司郎も、真剣な顔で俺に頼んできた。
にっしー
にっしー
…うん。分かった。
にっしー
にっしー
じゃあ、行くね
俺は荷物を持って楽屋から出た。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ペキセン
ペキセン
My profile📙 # FJK # AAA # Nissy # Dr🥁
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る