無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

episode 2
〜AAA side〜


あなたがいなくなった後 ↓
だっちゃん
だっちゃん
めっちゃ可愛かったじゃん
宇野ちゃん
宇野ちゃん
ほんとに!
秀太
秀太
あんな可愛い子とLINE交換できてラッキーだったよな
AAA
AAA
ほんとそれな
宇野ちゃん
宇野ちゃん
ってかやっぱにっしーあなたのこと気に入ってるじゃん😏
にっしー
にっしー
気に入ってるっていうか…可愛いなぁって
直也くん
直也くん
でもあなたがいたときはめっちゃ否定してたくせにいなくなったら
あっさりと認めてるしさ?笑 怪しくな〜い?笑
だっちゃん
だっちゃん
オネェ口調やめろ
にっしー
にっしー
んなの本人の前で言えるわけねーだろ!
秀太
秀太
なんかムキになって言い返してくるし?怪しいよね〜
直也くん
直也くん
ほんと分かるぅ〜
だっちゃん
だっちゃん
だからオネエ口調やめろて
宇野ちゃん
宇野ちゃん
あははは〜😂…って、真司郎なんか静かじゃない?
真ちゃん
真ちゃん
え?そんなことないで?
直也くん
直也くん
いやいや明らか静かだろ笑
だっちゃん
だっちゃん
思ってたんだけどさ、もしかして真司郎もあなたのこと…?😏
真ちゃん
真ちゃん
ち、違うし!
だっちゃん
だっちゃん
え?「真司郎もあなたのこといい子だと思う?」って聞こうとしたんだけど…
違うの?
真ちゃん
真ちゃん
それは思う!さっきはそんなこと聞かれるって思ってへんかったから!
宇野ちゃん
宇野ちゃん
え?そんなことって、え?何〜?
真ちゃん
真ちゃん
…う・の・ちゃん?
宇野ちゃん
宇野ちゃん
ごめんって!😭
みんなが話しているのをよそに、俺はLINEを開く。
にっしー
にっしー
(あなたに何て送ろっかな…「今度ご飯行かない?」とか?
いやでも会ってすぐにそれはないか…)
だっちゃん
だっちゃん
あー!西島が抜け駆けしようとしてる!
俺のスマホを見た日高が大きな声で言った。
にっしー
にっしー
ぬ、抜け駆けなんか…
宇野ちゃん
宇野ちゃん
ずるーい!笑 私もLINEする!
だっちゃん
だっちゃん
俺もしよーっと
秀太
秀太
俺もしよ
真ちゃん
真ちゃん
お…俺も…したい…
真司郎の小さな呟きで、みんなが笑う。
直也くん
直也くん
みんなあなたの取り合いすんなよー?笑
俺も笑っているけど、ちょっとだけ、ちょーっとだけ、胸がズキってなった。
にっしー
にっしー
(なんだろ?この気持ち…)
俺は少し後に、この気持ちが何か知ることになる。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ペキセン
ペキセン
My profile📙 # FJK # AAA # Nissy # Dr🥁
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る