第2話

ロボロ&ゾム
ロボロ
ロボロ
ねぇねぇゾム、僕ご飯作ってみたの!?
食べて!
ゾム
ゾム
ご飯作ってくれたの!?食う!
ロボロ
ロボロ
(ご飯はカレー、飲み物は媚薬入りのお茶)
お茶も置いとくから飲んでね☆
ゾム
ゾム
お!?カレーじゃん!
それにお茶も!気がきくな!ありがとう
ゾム
ゾム
いただきまーす!
ロボロ
ロボロ
どう?
ゾム
ゾム
美味し!喉が乾いたな…なんとお茶やろ…
麦茶!やっぱカレーには麦茶や!
ロボロ
ロボロ
そうなの?w
ゾム
ゾム
美味しかった!ありがとう!
ロボロ
ロボロ
(お茶も全部飲んでくれてありがと☆)
しばらく経って_________________________________________________
ロボロ
ロボロ
(そろそろ効いたかな?)
ゾム!(後ろから抱く)
ゾム
ゾム
ん!///////どう///////した?///////ってか、なん、か感じ、安くなって、る//////
ロボロ
ロボロ
そらぁ、まぁ、媚薬入れたからな☆
ゾム
ゾム
なんで媚薬、入れた!///////ってえ!?
(お姫様抱っこする)
ロボロ
ロボロ
よいしょっと…
ゾム
ゾム
ちょっと!?下ろせ!///////
ロボロ
ロボロ
暴れるな!(ロボロの部屋は連れて行く)
ゾム
ゾム
え!?え!?(困惑中)
ゾムをロボロのベッドの上に下ろす
ロボロ
ロボロ
この部屋ってな壁分厚いねん
だからいっぱい叫んでいいで
ゾム
ゾム
え!?え!?どういうこと!?
ロボロ
ロボロ
理解遅いな…
ロボロはそういいながらゾムと自分のズボンとパンツを下ろす
ゾム
ゾム
ちょっと!ちょっと!やめて!
ロボロ
ロボロ
嫌?
ゾム
ゾム
嫌ではない…
ロボロ
ロボロ
じゃあいいやん
そういいながらロボロはゾムのアソコに中指を入れる
ゾム
ゾム
んっ…あっ…
ロボロ
ロボロ
(結構いい声やな)
お!?濡れてきたな!そろそろ入れていい?
ゾム
ゾム
え!?……あっ
ロボロ
ロボロ
答えるの遅い!もう入れます!
ズボッ‼︎
ゾム
ゾム
んっ…あっ、あ…
ロボロ
ロボロ
奥まで入ったで、動かすよ
ゾム
ゾム
ちょっ…んっ…あっ…はっ…
クチュクチュ…
ロボロ
ロボロ
んっ………もうっ、イクっ…
ゾム
ゾム
いいよ……精子頂戴!
ということで今回はここまでです

次か次の次ぐらいに質問コーナーをしようと思ってます!
質問やリクエストがあればコメント欄に書いてください!お願いします!

じゃあね☆