無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

怖すぎる稽古
「あの…伊黒さん…どうしてあの人たちは縄でぐるぐる巻きになって吊るされているんですか?」と震えながら聞くと「…こいつらは罪を犯したからな…だから吊るしてある」「(なんか怖いこといってるんですけどぉ!罪ってなんだょォォこっ怖い早くここからでたいよォォ!)そ…なんで…すね~↓↓」
 ̄数時間後 ̄「休憩だ5分間だけ休め」「はい……(伊黒さんの稽古怖すぎ…伊黒さんの羽織の裾を切れたら終わりって無理すぎじゃない!!それに稽古中木刀を振り回しているとそこらじゅうから、恐怖の音が凄くして木刀が振りにくい!!そして休憩時間短すぎ)」「休憩終了だやるぞ」それから8日やっと裾が切れた。「…ふん、やっと終わったかさっさと行け」と言われここから出ていった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る