無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

地獄の柔軟
稽古場所につくと着替えさせられた。何だか恥ずかしい格好だった。他の人たちも同じ格好をさせられていた。「二人は、始めだから説明するね!まず曲にあわせて踊って、次に開脚とかいろいろして体を柔らかくさせるよー」と蜜璃さんが言った。その説明を聞いていた他の人たちは、地獄を見たような顔をしていた。曲にあわせて踊ったのは全然楽だったが次が問題だった。柔軟と言うより、力技で無理矢理柔らかくさているだけにしかみえた。柔軟が終わった後体中が痛かった。それから5日たった頃だった。夜廊下を歩いていたら窓から月明かりが見えたそれはとても眩しかった太陽のように光輝く満月だった。そんな夜空を見ていたら急に翡翠ちゃんに借りていた手拭いを返し忘れていることに気づいた。今から返しに行こうと長い廊下を月明かりに照らされていた場所から月明かりの届かない暗闇に足元を運んでいた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る