無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

その頃じいちゃんは…
一方その頃善逸の育てである元鳴柱桑島慈悟郎の家では、
「なんということだ…」慈悟郎は眉間にシワをよせた。「まさかあやつがこんなことになるとは…」慈悟郎は、スタスタと足早にどこかへ向かった。じいちゃん(桑島慈悟郎)がああなるとは、今、俺は知りもしなかった。俺は波状さんと楽しく会話していた。「えっ?!翡翠ちゃん禰豆子ちゃんとあったことあるの?!」「うん、確か私が単独任務の時に竈門君たちが助けてくれたんだ」と嬉しそうに話していると次の柱の場所に着いた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る