無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

家族
俺は静かにこの家族を見ることにした。「なんで、善逸という名前を着けたんですか?」女の人が男の人の目を見て言った。男の人は「嫌なことがあっても逃げず善良な子になって欲しいから善逸と名付けたんだ」と男の人は優しい声でそう言った。「ごめん父ちゃん、俺嫌なことからずっと逃げまくってるんですけど…」俺はそう呟いた。その家族は仲良く楽しそうに暮らしてい様子がずっと流れていた。しかしそんな暮らしに異変が訪れるなんて誰もその時は思わなかった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る