無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

もう嫌ァ!!助けて炭治郎ウ!!
風柱の稽古は、今での稽古の中でも一番辛かった。蛇柱の伊黒さんの稽古も辛かったけど今回は比にもならないくらい辛い!!今すぐ逃げ出したい!!稽古から逃げようと脱走したことが何回もあったがすぐに捕まってしばかれて、もう死にたい!!そして禰豆子ちゃんと遊びたい!!そう思う日が6日たった日稽古からうまく抜け出せることが出来た!走っていると炭治郎が見えた、炭治郎に助けてもらうため全力疾走したら炭治郎が驚いた。「どうしたんだ善逸?」ときかれて、愚痴も挟んで説明すると、後ろに何か聞き覚えのある音がした。後ろを向くと風柱不死川実弥が俺の頭を掴んでこういった「選べェ、訓練に戻るか、俺に殺されるかァ」とものすんごい顔で言われた。「勘弁してェェェェ!!ギャッ…ギャモッ、ギャアアアンヌ!!」俺は必死に炭治郎に助けを求めたが風柱に素手で首に一撃をいれら気絶した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る