無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

腰ぬけ野郎
「えっっえぇぇ!!!落ちてる!!俺無理!足手まといになるだけだから」と俺は落ちていることに気づき弱音を吐いた。「善逸落ち着け❗️お前ならできる!」炭治郎が言った。「そんなお世辞はよせよ!前の戦いも役に立たなかったしぃ!」と俺が叫び、全集中の呼吸で、俺は端に逃げた。「ふん、あんな腰ぬけほっとけばいいんだ紋次郎❗️」と伊之助が俺に聞こえるように大声で炭治郎に言った。「伊之助!そんな言い方は無いだろ!善逸に謝るんだ!」炭治郎が伊之助を叱った。「だって、そうだろ紋逸の奴にげたんだぜぇ?」伊之助が真実だろと言わんばかりの顔で炭治郎に言った。「そんなお喋りをする余裕があるんですか?」と鬼が言うとまた薔薇のつるがこちらに向かって来た。「あっ!危ない‼️」俺は体が震えながら炭治郎と伊之助に言った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る