無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

距離を詰めるぞ
「で、どうやってアイツを倒すんだ?」伊之助が炭治郎に聞いた。「あの鬼の血鬼術がどういう物かわかれば…とりあえず、あの鬼には近づくな!」と炭治郎が二人に言った。「私を倒したいのか…柱でも無いのに…私は柱を10人は、倒したことがあるんだ…」と俺たちに言った。「ふん…まぁいい、ここで倒して殺るよ、血鬼術籠薔薇」そう言った瞬間、地面から薔薇のつるが俺たちに向かって来た。俺たちは、上にとんだ。「私の術はねぇ、毒があるんだ、猛毒だ、少しでも当たったら…」と鬼がニコニコしながら言った。「善逸、伊之助つるを切りなが距離を詰めて、首を切るぞ!」と炭治郎が言うと、俺たちは鬼の方に向かって落ち始めた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る