無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

嫌な予感
二人で走っていると急に「そう言えば、善逸なんであの時泣いていたんだ?」と炭治郎が聞いてきた。「あの時俺は小さい頃の記憶が戻ったんだ」俺は、あの時体験したことを炭治郎に話した。「そうか……善逸も大変なことがあったんだな、やっぱり鬼殺隊の人たちは昔いろいろなことがあったんだな」そう言った時、炭治郎からは、瞳の奥から悲しさや、少し怒りの混じった瞳をしていた。炭治郎は、本当にいい奴だなと改めて思った、自分も家族を一瞬で失い、禰豆子ちゃんだけ助かったと思ったら、鬼になっていて炭治郎がとても打ちのめされたとしても、鬼殺隊のことを思っているなんて、俺には出来ないと思った。「善逸!伊之助が見えて来たぞ!」嬉しそうに話しかけてきたが、なんだか嫌な予感がした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る