無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

変えられない現実と過去
俺はいつも泣いてばかりいた。鬼殺隊に入る前から…親が死んで、売られて…誰も俺に期待する人なんていなかった。親が生きていたらこんなに泣いていなかっただろう、鬼殺隊にも入らなかっただろうと思う時が最近多かった。だけど、もう変えることのできない過去…もし過去を変えてしまっあらじいちゃんに出会ったこと、炭治郎、伊之助そして禰豆子ちゃんにも出会うことが出来なかった。辛かった過去が今は、幸せになっている確かに嫌なことは、沢山あるけど…過去が今を繋げてくれている。だから泣いてばかりいちゃダメなんだといつも思うけどそんなことは出来なかった変えようと思っても変えられないことはある……今だってそうだ、翡翠ちゃんが鬼になっていることそれは信じがたいことだが、事実だ。変えられないことはあるだから翡翠ちゃんの首を斬る。それが俺の…鬼殺隊の役目だから…!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruna
haruna
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る