無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

61
2021/09/21

第5話

第4話
坂田side

莉犬くんの様子がおかしい。

エゴサの時間誰よりも楽しそうなのに、
誰よりも悲しそうだった。

きっとそれにうらさんも気づいてると思う。
うらさんは笑顔にさせようと思って、
あの説を言ったんだと思う。

そして俺は、「坂田」でのエゴサが一通り終わり、
「🚢❤️」で調べることにした。
坂田
坂田
あっ………
リスナー
莉犬くんと、
🚢❤️さん赤同士だからって何?
別に関係ないでしょ。
リスナー
莉犬くんと、🚢❤️って人絡まないで欲しい。犬同士とか何?垢同士だからとか何?普通にキモイんだけど。
坂田
坂田
…………
そういう事か……
莉犬くん直接じゃなくて……
坂田
坂田
俺たちとだから…
やっぱりコラボしない方がいいのかな…
なんて考え始めてる自分が嫌だった。
この家のルールは惑わされない。
エゴサで悲しまない。考え込まない。なのに…
ななもり。
ななもり。
莉犬くん。坂田くんなんかあった?
お話聞くよ?
莉犬
莉犬
え?
坂田
坂田
え?
うらたぬき
うらたぬき
あ、それ俺も思った。
ななもり。
ななもり。
あ、ほんと?
莉犬
莉犬
じゃ、じゃあ後で少しだけいいかな…
ななもり。
ななもり。
うん。いいよ。
うらたくんもいい?
莉犬
莉犬
うん。
うらたぬき
うらたぬき
坂田はどうする?
坂田
坂田
えーと………
どうしよう。もしこれで…これで…
家のルールを破ったからって追い出されたら…?
ななもり。
ななもり。
言えない事だったら
無理に言わなくていいよ。
坂田
坂田
ちょっと考えさせてもらってもいいかな
ななもり。
ななもり。
うん。全然いいよ。
ななもりさんはすごく優しい。
うらさんが優しいのはもちろん知っている。
でも、俺のリスナーさんからや、アンチからは、
ものすごく叩かれていて、正直言うと悲しい。

俺がこんなにも思うことは珍しい。
ななもりさんは来てすぐの時にも助けてもらった。

家に来た時のこと

やばい…めっちゃ緊張する……
なんでうらさんや、センラ、志麻くんは平気なの!?
莉犬くんと、るぅとくんだけ話したことあるけど、
あとの4人とは話したことないよ!?
坂田
坂田
どうしようどうしよう…
うらたぬき
うらたぬき
坂田大丈夫か?
坂田
坂田
た、多分…
うらたぬき
うらたぬき
まぁなーくん優しいから大丈夫。
ころんくんもいい人。
センラ
センラ
さとみくんは
ライブ来てくれてたみたいやで。
志麻
志麻
ジェルくんも面白くてええ人やったで
坂田
坂田
大丈夫かな…馴染めるかな…
うらたぬき
うらたぬき
坂田なら大丈夫だって。
ほら!ポジティブポジティブ!
坂田
坂田
そう…だね!
こんなに励まされてるのに…
まだ不安な俺が情けない。
ななもり。
ななもり。
あ、うらたくん!
うらたぬき
うらたぬき
え!?なーくん!?
ななもり。
ななもり。
家まで来てもらうのもなんだから
みんなで車で迎えに来たよ!
うらたぬき
うらたぬき
ありがとう!
莉犬
莉犬
あ、うらたさん!坂田さん!
うらたぬき
うらたぬき
莉犬くん久しぶり〜!
坂田
坂田
久しぶり〜!
莉犬
莉犬
お久しぶりです!
ななもり。
ななもり。
莉犬くん車連れてってくれる?
莉犬
莉犬
はーい!
馴染めるか分からない不安の中、
車へ向かおうとした時だった。
ななもり。
ななもり。
あの、坂田さん。
坂田
坂田
え、あ…ななもりさん…なんですか?
ななもり。
ななもり。
みんなすごい優しいし、大丈夫です!
気にしないでタメで話してください!
その方がみんな楽だと思いますし、
坂田さんも楽だと思います!
坂田
坂田
え、え?
ななもり。
ななもり。
分かりますよ。不安なんですよね?
初めはみんなそうです。
新しいことを始める時は不安です。
でも、人生楽しんだもん勝ちですから!
ななもり。
ななもり。
死ぬまでの暇つぶし…ですもんね?
坂田
坂田
えっ………
それって……「最強ライバル」の歌詞……
見てくれてるんだな……と、思いつつ、
ななもりさんが言っていた通り、気にせず…
そう。メンバーといる時と同じでいい。
何も気にしなくていい。だって、
莉犬くんや、るぅとくんとだって……
坂田
坂田
ありがとうございます!
少し気が楽になった気がします。
ななもり。
ななもり。
それは良かったです。
気にせず、誰にでも相談してください!
ななもりさんからのその言葉は、
俺にとってものすごく救いだった。

すとぷりメンバーともそうだか、お仕事の人。
今まで話せなかった人と話せるようになった。

いつも顔色を気にしてくれて…
メンバーだけじゃなく、俺にまで……でも、
その裏にある苦労がまだ俺はわかってなかった。